即日融資の流れ

即日融資の必要書類

即日融資の魅力は、融資の際に必要となってくる書類が少なく、準備するのに時間がかからないといったこともあります。通常の融資ならば、担保や保証人なども必要となってくるため、それに比例して役所で揃える書類なども増えて手間がかかります。その点、即日融資の場合は、基本的には本人確認書類があればこと足りるといったことがいえます。

ただし、即日融資の申し込みの際、審査で必要とされる書類は金融機関によって、またサービス内容によって多少違ってくるので注意が必要です。また、希望融資額が少額である場合と、多額の融資を希望する場合とでも、少し異なってきます。

即日融資といえども、審査に関しては、その人を限定する本人確認書類は必ず必要となります。本人確認書類には、本人の氏名、住所、生年月日が記載されていなければならず、運転免許証や健康保険証、パスポート、国民年金手帳といったものがこれに当たります。サービスの利用対象には年齢制限がある場合が多いので、それを確認するためのものでもあります。

また、源泉徴収票、もしくは給料明細、通帳振込み記録など収入の証明となる書類が必要となる場合も多くあります。少額の融資が希望ならば、必要のない場合もあり、50万円以上、100万円以上の希望額からは提出しなければならないとしている金融機関が多いようです。

これは、消費者金融や信販会社では貸金業法の改正により総量規制がかけられ、年収の3分の1以上の貸付けが禁じられているためです。銀行系の金融機関の場合は総量規制の対象外となっていて、これには該当しません。

銀行系の場合は、年収額により申し込み自体に制限をかけているので、条件に合う年収があれば、年収の3分の1以上の借入れも可能というわけです。

そのほか、専業主婦の場合、配偶者との関係を証明する住民票が必要となることもあります。