即日融資の流れ

即日融資の審査と結果連絡

即日融資の申し込みが受け付けられたら、次は提出書類によって審査が行われます。この審査では、まず、融資の対象としての条件が揃っているかが確認されます。

つまり申し込み本人が年齢などの条件をクリアしているかが確認され、サービス内容次第では、もし本人が会社員ならば在籍確認がされます。これは、会社へ直接電話をかけて、申し込み者本人がその会社に在籍しているか確認をとるというものです。

その際、金融機関名などは伏されて電話され、融資の内容などについて一切触れられることがないので、勤務先に借入れの情報が漏れることはありません。

本人確認の審査のほか、希望融資額に対して妥当な条件が提示されているかが審査されます。年収や月々に可能な返済金額が妥当でない場合は、その旨の通知があり、逆に提示された条件に当てはまる融資額が知らされたりします。

つまり、年収200万円で80万円の融資を望んだとしても、消費者金融系では総量規制にかかってしまうため、融資が受けられないということになり、60万円ならば融資が可能であることなどが知らされるわけです。

こうした審査結果の連絡は、インターネットでの申し込みならば、数秒で結果が出てきます。審査結果がわかるまでの時間は、即日融資の場合、スピーディになるよう工夫されています。仮審査として結果を出して、早く融資に辿りつけるようにしたり、通常ならば契約を結んでからの融資という順番を変えて、融資したのちに契約を結ぶ形にしてあったりします。

仮審査の結果、融資が可能ということであれば、そのまま融資を申し込むことになり、メールなどで本審査用のほかの必要書類を提出したりして、その後、店舗窓口で融資を受けたり、指定口座に振込みがされたりすることになります。