即日融資の流れ

即日融資の契約

通常、融資を受けるときは、金融機関に融資の相談を持ちかけ、そのなかで融資の目的などを担当者に聞いてもらい、必要書類を添えて申し込んで審査を受けてから契約を交わして、融資を受けるという手順を踏みます。

しかし、即日融資の場合は、申し込む側に、緊急にお金が必要になっているという事情があるため、早く融資を受けることが何よりも優先されます。そのため、融資を申し込んでから融資を受けるまでの時間は早いに越したことはありません。そのため、融資のための手続きは、従来のものと異なっています。

その手続きの流れはさまざまありますが、申し込みから融資までいちばん早くできるのが、インターネットを利用した即日融資でしょう。

インターネットを利用した一般的な即日融資は、サイト上で申し込みから審査までを終えて、審査が通ると、そのまま指定口座へ融資が行われるという経過をたどります。

通常ならば、契約が成立したのちに融資が行われますが、即日融資の場合は、契約は後に回されるというケースが多いのです。

契約書は、後日、郵送にて送られてきます。その契約書に必要事項を記入、捺印したうえで、本人確認書類のコピーなどを同封して、金融機関へ返送することになります。そして、さらにその後、契約書の控えとカードが郵送されてきて、契約は完了となります。

ほかに、店舗で申し込む場合も、その場で融資が行われ、後に自宅あてに契約書が送られてくるという手順もあります。

即日融資を希望するときは、インターネットからの申し込みであれば、融資申込みのサイトから、どの項目を選べばよいかをきちんと把握したうえで、また、店舗で申し込む際は、本人確認書類を忘れずに持参し、きちんとその場での融資を希望していることを伝えたうえで申し込むようにしましょう。